グッドマン法(1235法)をカジノシークレットの攻略に活用する方法とは?|初心者システムベット入門編

攻略法

【カジノシークレットの攻略法「グッドマン(1235法)」】

カジノシークレットで使える「グッドマン法」は、投資の分野でも利用されるシステムベットです。

  • 勝っているときの利益を守れる
  • 連続勝利で利益を伸ばしていける
  • 負けた時にも損失が抑えられる

別名「1235法」とも呼ばれ、その名前の通りベット額を「1・2・3・5」の規則に沿って賭けていくだけというもの。

グッドマン法は規則性さえマスターすれば良いので、初心者の人でも利用しやすいという特徴も持っています。

後半では、グッドマン法をカジノシークレットで利用するメリットについて触れていますが、まずはやり方などの基礎をしっかりと身につけていきましょう。

『グッドマン法の基礎|やり方』

カジノシークレットで使えるグッドマンをやるときは、ベット額を「1・2・3・5」の規則性に基づいてベットして行ってください。

この「1・2・3・5」というのは、ベット額ではなく「ユニット」を表すものです。

 

ユニットとは「基準額」のことで、自分の好きな金額を任意で設定しておきます。例えば1ユニットは「$1」だと決めた場合は、2ユニットのときには「$2」となります。

つまり「1ユニット=$1」のときは、「$1・$2・$3・$5」の順で賭けていくことになります。

使用できる条件:当選率50%(配当2倍)のエリアに使用する

最初にベットしたエリアに賭け続けることが前提

どの状況でも負けたときには①に戻るようになります。

①1ユニットで勝利したら、次のゲームは「1→2」なので「2ユニット」で勝負

②2ユニットで勝利したら、次のゲームは「2→3」なので「3ユニット」で勝負

③3ユニットで勝利したら、次のゲームは「3→5」なので「5ユニット」で勝負

④以降は勝ち続ける限り「5ユニット」での勝負を続けます。

 

「連勝」というのがキーワードで、グッドマン法では連勝する場面で利益を伸ばすことを目的としています。

グッドマン法のシミュレーション

1ユニットを「$1」と設定したときに、「1・2・3・5」を1ループする流れを表にしてみました。グッドマン法は勝利した時点でスタートします。

回数 勝敗 ベット額
1回目 勝ち $1
2回目 勝ち $2
3回目 勝ち $3
4回目 勝ち $5

以降も勝利し続ける限り5ユニット($5)を賭け続けていきます。

負けた時点で1ユニット($1)に戻り、また繰り返すということになりますが、実際にはやめどきは自分で設定しても構いません。

グッドマン(1235法)が使える主なゲームとは?

グッドマンは当選率約50%の勝敗予想が2択であるゲームが利用条件になります。

  • ルーレットの赤・黒や奇数偶数
  • シックボー
  • バカラ
  • ブラックジャック
  • ドラゴンタイガー

「どちらが勝つか?」の選択のゲームや、選択肢が2つに絞られる賭け方のエリアを持つゲームなら利用可能です。

FXやバイナリーオプションのように、為替の上下予想をするものにも応用できます。リスクを抑えた投資法として、覚えておくとあらゆる場面で活用できるようになります。

『グッドマン(1235法)のメリット・デメリット』

カジノシークレットで使えるグッドマン法のメリット・デメリットについても知っておきましょう。

グッドマン(1235法)のメリット

カジノシークレットで使えるグッドマン法のメリットには次のようなものがあります。

  • 少額でも利用可能
  • 低リスク
  • 勝敗数が同じでも利益が出せる

グッドマン法は実践する上で$1などの少額からでもはじめられ、負けたときにも損失額が少なく済むというの面があります。

マーチンゲール法のように、連敗するほどに巨額の当資金が必要になることもなく、最大でも「勝っているときに」任意の5ユニットを繰り返すだけです。

勝敗数が同じでも、連勝の場面があれば利益が出るというのも特徴です。

グッドマン(1235法)のデメリット

また、グッドマン法にもデメリットはあり、特に「勝ったり負けたりの場面では利益が出にくい」という、連勝する場面がないと利益を伸ばせないというのが最大のネックになります。

2連勝以内の勝敗を繰り返すような状況では、グッドマン法はあまり効果を発揮できません。

次の表は、配当2倍エリアにグッドマン法を利用したときのイメージになります。わかりやすいように後半に連勝する場面を与えて参考にしています。

回数 勝敗 ベット額 配当
1回目 勝ち $1 $2
2回目 負け $2 0
3回目 負け $1 0
4回目 勝ち① $1 $2
5回目 勝ち② $2 $4
6回目 勝ち③ $3 $6
7回目 勝ち④ $5 $10
合計 5勝2敗 投資 $15 回収 $24

ベットするときに必要な額を配当から差し引いてみてみると、1回目から5回目までほとんど損益が動いていないことがわかると思います。

また、連勝時も「勝ち①→②」と「勝ち②→③」のところでの損益差や、勝ち④でようやく大きな利益を生んでいる状況も確認できるでしょう。

 

この状況からも、グッドマン法では2回目よりも3回連続勝利するところから、ようやく利益が乗り始めるということがわかります。

しかし、単純な確率論で言えば3連勝する可能性は約12%程度、4連勝以降は10%を切る可能性です。同じ出目で連勝していくことの難しさは数字にも表れています。

50%のエリアで同じ出目が出続ける確率

回数 確率
1回 50%
2回 25%
3回 12.5%
4回 6.25%
5回 3.125%

確率を考えグッドマン法をさらに効率よく活用するため、やめどきをオリジナルで設定していくという考え方の改良手法も存在してます。

50%の確率エリアでの「連勝」という起爆剤を必要とする攻略法ですので、長期戦のなかでは同じ確率の「連敗」リスクとも向き合わなければならなくなります。

しかし、ほかのオンラインカジノと違い、カジノシークレットには連敗時のリスク軽減できるシステムがあるのです。

【カジノシークレットでグッドマン法を利用するとどうなる?】

カジノシークレットでグッドマン法を利用する最大のメリットは、独自の「キャッシュバックシステム」にあります。

連敗時の損失もキャッシュバックにより補うことで、長期戦になるほどにシステムベットの優位性とともにキャッシュバックが積み上がります。

実際に、カジノシークレットで利用するとどのようになるのかをシミュレーションしてみました。

カジノシークレットでもらえる「インスタントキャッシュバック(CB)」を10%と仮定して、先ほどと同じ表に当てていきます。

回数 勝敗 ベット額 配当 CB発生額
1回目 勝ち $1 $2 なし
2回目 負け $2 0 $0.2
3回目 負け $1 0 $0.1
4回目 勝ち① $1 $2 なし
5回目 勝ち② $2 $4 なし
6回目 勝ち③ $3 $6 なし
7回目 勝ち④ $5 $10 なし
合計 5勝2敗 投資 $15 回収 $24 CB $0.3

グッドマン法でえた利益$9に、さらにカジノシークレットならさらにキャッシュバックが合計$0.3増えて戻ってきます。

このキャッシュバックは「出金条件なし」ですので、そのままリアルマネー同様に引き出すこともできるのが特徴です。

さらにグッドマン法の弱点である「連勝が続かない」状況だとどうなるでしょう?

回数 勝敗 ベット額 配当 CB発生額
1回目 勝ち $1 $2 なし
2回目 負け $2 0 $0.2
3回目 負け $1 0 $0.1
4回目 勝ち $1 $2 なし
5回目 負け $2 0 $0.2
6回目 負け $1 0 $0.1
7回目 勝ち $1 $2 なし
合計 3勝4敗 投資 $9 回収 $6 CB $0.6

グッドマン法の苦手な「連勝がなく小さな連敗が続く」場面では、手法での途中収益がマイナスのときもあります。

しかし、カジノシークレットのキャッシュバックはその連敗時にもコツコツと積み上がり、$0.6の損失補填をもたらしてくれるのです。

カジノシークレットでグッドマン法を利用すれば、手法のメリットで利益を伸ばしつつ、手法で利益が出にくい場面ではシステムが弱点を補ってくれるということになります。

【カジノシークレットでグッドマン法をマスターしよう】

カジノシークレットは、初心者がグッドマン法(1235法)をマスターするには最適な環境です。

グッドマン法は少額で取り組めるので、少額プレイヤーでも利用しやすく、長期戦で損失が抑えられるシステムベットです。

カジノシークレットならば、長期戦で100回などの試行の中で、連勝のメリットと連敗時のキャッシュバックの2つの利益ポイントが確保できます。

グッドマン法(1235法)の優位性と、カジノシークレット独自の優位性の2つの安心を、ぜひ実際に体験してみてください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました