バーネット法(1326法)はカジノシークレットで使える攻略法|初心者システムベット入門編

攻略法

【カジノシークレットで使えるバーネット法の特徴】

バーネット(1326法)は、カジノシークレットでも利用できるシステムベット(攻略法)のひとつで、初心者にも簡単に覚えられるのが特徴です。

同じ数字の別名を持ったグッドマン法(1235法)というものもあり、ひとつの法則を覚えることで2つの手法を身につけることができるようになります。

しかし、システムベットも完璧なものではないため、メリットがあれば当然デメリットもありますが、カジノシークレットならばその弱点を補えるやり方があるのです。

まずはカジノシークレットで使うときのやり方などの基本的なことからご説明していきます。

『バーネット法の基礎|やり方』

カジノシークレットで使えるバーネット法のやり方は簡単で、グッドマン法と同じようにベット額を「1・3・2・6」の規則性に基づいてベットして行ってください。

この「1・3・2・6」というのは、ユニットを表すものです。ユニットとは「1回のベットで賭ける基準額」のことで、任意で設定しておきます。例えば1ユニットは「$1」だと決めた場合は、2ユニットのときには「$2」となります。

つまり「1ユニット=$1」のときは、「$1・$3・$2・$6」の順で賭けていくことになります。

使用できる条件:当選率50%(配当2倍)のエリアに使用する

最初にベットしたエリアに賭け続けることが前提

どの状況でも負けたときには①に戻るようになります。

①1ユニットで勝利したら、次のゲームは「1→3」なので「3ユニット」で勝負

②2ユニットで勝利したら、次のゲームは「3→2」なので「2ユニット」で勝負

③3ユニットで勝利したら、次のゲームは「2→6」なので「6ユニット」で勝負

④以降は勝ち続ける限り「6ユニット」での勝負を続けます。

「連勝」というのがキーワードで、バーネット法では連勝する場面で利益を伸ばすことを目的としています。

バーネット法のシミュレーション

1ユニットを「$1」と設定したときに、「1・3・2・6」を1ループする流れを表にしてみました。

回数 勝敗 ベット額
1回目 勝ち $1
2回目 勝ち $3
3回目 勝ち $2
4回目 勝ち $6

5回目以降も負けるまで6ユニットで賭けていき、負けた時点で1ユニットに戻る(1回目から再び繰り返す)ことになりますが、実際にはやめどきは自分で設定しても構いません。

『バーネット法の基礎|メリットやデメリットも知っておこう』

カジノシークレットで使えるバーネット法のメリット・デメリットについても知っておきましょう。

メリット

カジノシークレットで使えるバーネット法のメリットは次のようなものがあります。

  • 少額で実践できる
  • 低リスク
  • 勝敗数が同じでも利益が出る

負け続けてもベット額を釣り上げることがないので、少額で利用できる初心者にも優しい投資法です。間に連勝を挟んでいれば、勝敗数が同じでも最後には利益が出るということもあります。

 

デメリット

バーネットも完璧なものではないためデメリットも存在し、勝ち負けが繰り返す流れでやめどき次第では、マイナスになることもあります。

続けて勝つことで初めて効果を出す手法のため、「連勝」ができないまま「連敗」が続くと取り戻すには別の手法を考えなければならないときもあります。

しかし、やり方は似ていますが、グッドマンとバーネットはこの「連勝」の必要回数に差があります。

この部分も含めて、グッドマン法とバーネット法の違いについても学んでおきましょう。

『「1326法」と「1235法」の効果の違い』

バーネットの「1・3・2・6」ユニットベットのやり方は、グッドマンの「1・2・3・5」とどのように違うのかというと次のことが挙げられます。

  • 1ループ時の利益額の差
  • 少ない連勝でも利益が出やすい

違いの内容をわかりやすくするために、それぞれの内容を、1ユニット$1としたときの比較を表にしてみました。

1ループ時の利益額の差について

まずは1ループしたときの利益差ですが、以下の表の左枠が「ベット額」で右枠が「戻り配当金」になります。

回数 勝敗 バーネット(ベット/配当金) グッドマン(ベット/配当金)
1回目 勝ち $1 $2 $1 $2
2回目 勝ち $3 $6 $2 $4
3回目 勝ち $2 $4 $3 $6
4回目 勝ち $6 $12 $5 $10
合計 $12 $24 $11 $22

連勝したと仮定したとき、グッドマンに比べてバーネットの方が利益出ています。

1ユニット$1のときは、投資額を差し引いたときの利益差は$1ですが、ユニットの基準額が上がれば当然その分だけの差が出るということです。

ただし、同じ配当率のエリアで収支に差が出るということは、それだけバーネットの方が投資額が大きくなるということでもあります。

連勝時の利益について

グッドマンのデメリットのなかに、「3連勝以上しないと利益が出にくい」というのがありますが、バーネットはそれ以下のときでも損益でのプラスが狙えます。

回数 バーネット(ベット額/損益) グッドマン(ベット額/損益)
1回目 $1 $1 $1 $1
2回目 $3 $4 $2 $3

1回目の投資額$1を、得た配当から差し引いた利益はお互いに「$1」ですが、2回目の投資に勝利したときには差が出てきます。

  • バーネット:手出し$2で「$6」の配当=「$4」の利益
  • グッドマン:手出し$1で「$4」の配当=「$3」の利益

勝率が同じ賭け対象が連続して選ばれる確率は、2回目までは25%なのに対し、3回目になると約12%程度まで下がることを考えると、バーネットの方がより現実的だとも言えます。

また3回目にユニット数が上がるグッドマンに対し、ユニット額を下げるバーネットはその確率のリスクも考慮していると言えるでしょう。

あえて4回目にユニット数をあげるのも、連続する流れの「偏り」を狙う「連(ツラ)」の法則を考えると効率的とも取れます。

しかし、カジノシークレットであれば、この連敗が続く流れさえもカバーできるメリットが出てきます。

【カジノシークレットでのバーネットの活用方法】

カジノシークレットには独自の「インスタントキャッシュバック」があり、これがバーネットのデメリットを軽減してくれます。

バーネットは、「連勝のない連敗」が続くとジリ貧になってしまう手法ですが、この部分で「出金条件のないキャッシュバック(CB)」が発生するカジノシークレットでは有利に立ち回れます。

『カジノシークレットでバーネット法を利用したイメージ』

まずは勝っているときの「手法」と「キャッシュバック」の相乗効果の状況は次の表のようになっています。

回数 勝敗 ベット額 配当 CB
1回目 勝ち $1 $2 なし
2回目 負け $3 0 $0.3
3回目 負け $1 0 $0.1
4回目 勝ち $1 $2 なし
5回目 勝ち $3 $6 なし
6回目 勝ち $2 $4 なし
7回目 勝ち $6 $12 なし
合計 5勝2敗 投資 $17 回収 $26 $0.4

勝ったときの利益だけでなく、負けているときの損失にもカジノシークレットのキャッシュバックが効いているので、やめどきには出金条件のないキャッシュが還元されて利益を伸ばしてくれます。

そして、バーネットの弱点(デメリット)でもある「連勝のない連敗時」のイメージは次のようになります。

回数 勝敗 ベット額 配当 CB
1回目 勝ち $1 $2 なし
2回目 負け $3 0 $0.3
3回目 負け $1 0 $0.1
4回目 勝ち $1 $2 なし
5回目 負け $3 0 $0.3
6回目 負け $1 0 $0.1
7回目 勝ち $1 $2 なし
合計 3勝4敗 投資 $11 回収 $6 CB $0.8

波に乗れないときにでも、手法のリスクの低減という部分で大きな損失を防ぎながら、さらにカジノシークレット独自のキャッシュバックで損失を抑えていくことができます。

バーネットの特徴として、2回目の賭け額がグッドマンより大きく、長期戦になるほどカジノシークレットのキャッシュバックが積み重なる期待が持てます。

【カジノシークレットでバーネット法を活用しよう】

長期戦に有利だと言われるバーネット法も、カジノシークレットなら連勝の流れを待つ間もキャッシュバックが積み上がっていきます。

グッドマンよりも、連勝率を考慮した現実的な手法ではありますが、4連勝5連勝と続けられる場面はそう多くありません。

しかし、カジノシークレットならたくさんの試行回数をこなすほど、システムベットでの効果とともに、キャッシュバックによる積み上げ効果で確定時により多くの利益が望めるのです。

手法によっては連敗するほど資金が膨らみますが、バーネットではその点を必要としないのもあり、堅実にオンラインカジノで稼ぎたいという人にはぜひ活用してもらいたいシステムベットです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました